マクロビオティック家庭料理教室

こだわりの塩

お塩、お米、お水。

わたし達日本人が、古くから神棚にお供えしてきたもの。

わたし達が生きていくうえで、欠かせない命の源。

だからこそ、良質のものを選びたい。
それも、できれば安価で。

でも・・・・
心の底から、これだ!!と思えるお塩と出合えていない。

どうしたものかと思っていたら、想いが通じたらしく、源気商會のクリスタル岩塩と出合うことができた。

岩塩はピンク色、そう思っていた。

でも、源気商會のクリスタル岩塩は、無色透明。
クリスタルの名のごとく、光に当てるとキラキラと光る。
岩塩の生産量のわずか5~10%しかなしい貴重なお塩。

 しかも、2億5千万年以上も前のものなので、有害物質などで汚染されていない。

それどころか、わたし達人類の歴史から考えても、とてつもなく古くから存在し続けたパワーを得ることができそう。

塩結びを作ってみたら、その美味しさに驚いた。

実際、口に入れてみると、シャキッと背筋を伸ばしたくなる。

すっきりとした味なので、塩だけで味が決まる。

しかも、少なめの塩で済む。
お得だわ~

岩塩というと、ミルに入っている小さな塊をイメージする方が多いことだろう。
クリスタル岩塩は、ミルに入れるタイプもあるが、パウダータイプもある。

このパウダータイプは、サラサラとしているので、素材にまんべんなく塩を振ることができる。

源気商會オリジナルのミルは、粒の大きさを変える機能つき。
サラダの上に、あえて大粒にひいた岩塩をふりかけ、食感を楽しむのが、わたしは好き。

 もっと大きな塊タイプもある。

こちらは、岩塩用のおろしがねで擦り下ろすと、とっても細かいパウダーとなる。
我が子達、歓声をあげながら、岩塩を擦り下ろした。
自分で擦り下ろすことは、食べる意欲、食べる喜びに繋がると、我が子達を見て思った。

大きな塊タイプを部屋に置き、浄化に使っている友人もいる。

同じ塩でも、形状で使い分けることができる。
楽しいよ~

使い分ける楽しみとして、源気商會では、ピンク岩塩も扱っている。
ピンクは鉄成分由来のもので、クリスタル岩塩より、やや塩分が多い。
しっかりと味つけしたい時に、お勧め。
こちらも、パウダータイプ、ミルタイプ、大きな塊がある。

源気商會の代表の土井聡さんは、元々は映像の仕事をなさっていた。
パキスタンのヒマラヤ山脈につらなる巨大な岩塩層から採掘されたクリスタル岩塩に魅かれ、源気商會を始めた。

心からお勧めできるクリスタル岩塩を、多くの人に知ってもらうべく、日夜努力をしていらっしゃる、想いたっぷりの人。

想いが先だから、市販の岩塩よりもお安くなっているそうだ。

さて、わたしは、わくわくキッチンというマクロビオティックの家庭料理教室を主宰している。

生きることは食べること
より良い人生を送るのなら、よりよい食を選ぶべき

この想いから、素材には、こだわっている。

クリスタル岩塩は、こだわりの素材の味を引き出す名人だ。
だから、わくわくキッチンでも、人気商品。

ここまで読んでくださったあなた、命の源の塩だからこそ、いいお塩を選んで欲しい。
クリスタル岩塩をね!!

クリスタル岩塩と水の店 源気商會http://www.rakuten.co.jp/genkishoukai/ 
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
PAGETOP
Copyright © わくわくキッチン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.